HTML絶対パスと相対パス

パスとは簡単に言うと、参照先のファイルや画像の置き場所を示す道筋です。

スキルレベル 初級
授業時間 10分
講座内容

パスとは参照先のファイルや画像の置き場所を示す道筋です。

パスの書き方には絶対パスと相対パスの二種類があります。

絶対パスは、参照先を一番上の階層からの道筋として記述します。

相対パスは、参照先を現在の階層から見た道筋として記述します。

講師 芦田祐希

会員登録すると講師に質問ができるようになります。